活動

【一斉手術報告】C市多頭飼育ケース

C市多頭飼育崩壊崩壊ケースの一斉不妊手術を実施しました!

IMG_1447
近隣からの臭いに対する苦情が飼い主さんの心配の種でしたが、今回畳屋さんのご協力により、とっても綺麗な中古畳に入れ替えることができました。

 


当日は、不妊手術を実施してくださる「のらねこさんの手術室」の捕獲送迎スタッフの方と訪問し、まずは全頭ゲージに入れ動物病院へ搬送しました。手術済みの猫3頭と、手術直前に産まれた母子も病院さんのご厚意で一度動物病院に搬送していただきました。
お家から猫が空っぽになったところで、人もねこも一緒に支援プロジェクトスタッフと飼い主さんで古い畳の切断(クリーンセンターで畳を捨てるためには半分に切る必要があります)と掃除をしました。前日に飼い主さんが畳の上の物を片付けておいてくださったのでスムーズに作業に取り掛かることができました。
畳の入れ替えが終わったところで、室内でバルサンを炊きました。バルサンをしている間に畳をクリーンセンターに捨てに行きました。
夜、全頭の手術が終わり、お家へ猫を戻しました。皆さまからご支援いただいた高栄養のフードを追加でお届けしました。

IMG_2713
今回、少し体重がたりず手術ができなかった子猫は、月末に手術を実施する予定です。今回の不妊手術も、公益財団法人どうぶつ基金さんの「さくらねこ無料不妊手術 多頭飼育崩壊支援」を利用させていただき無料で実施することができました。関わってくださった皆様に心より御礼申し上げます。
全頭の不妊手術が終わったところで、積極的介入期を終え、月1回の定期訪問見守り支援に移行します。

プロジェクトの活動に寄付をする
https://hitonecocare.thebase.in

【状況と経緯】
賃貸アパート1人暮し。猫を2匹もらいうけ飼育しはじめたところから、室内で繁殖し増え、現在26頭になった。子猫が産まれてもすぐに死んでしまうことが多く、出産と死亡が何度も繰り返されている。畳は猫のおしっこや爪とぎでボロボロになり臭いの苦情が近隣住民から寄せられるようになってしまった。環境を改善しなければならないと思いつつも、どうすればいいか分からず保健所や市役所、動物愛護団体、動物病院に手当たり次第相談の電話をした結果、「人もねこも一緒に支援プロジェクト」を紹介された。
【支援計画】
猫の飼育環境と、生活環境を改善するため、まずは
①猫の個体把握を実施。【完了】
その結果をふまえ、
②公益財団法人どうぶつ基金の無料不妊手術チケットを申請。【完了】
③手術に先立ち猫の体力をつける【完了】
また、
④全頭に不妊手術を実施【途中】
⑤一斉手術で猫が一旦室内から居なくなるタイミングで殺虫と畳の入れ替えができたらと考えています。【完了】
⑥全頭の不妊手術が終わったら月1回の定期的な見守り支援に移行。また必要な社会福祉と繋がれるようサポート。

活動

C市多頭飼育崩壊ケース

C市で発生した多頭飼育崩壊のSOSを受け、全頭に不妊手術を実施します。
不妊手術に先立ち、栄養状態が悪い猫たちに体力をつけ手術リスクを減らすために、高栄養フードのご支援をお願いいたします!
※中古でもいいので、不要な畳がある方はメッセージをいただければ幸いです。受け取りに行く都合上関西に限ります。
※不妊手術は公益財団法人どうぶつ基金さんの無料不妊手術チケットを申請し取得しました。
物資支援は下記からお願いします。
Amazon欲しいものリストの使用先が、多頭飼育ケースCと書いてあるものがこの記事の猫たちに使用されるフードです。
https://www.amazon.jp/gp/registry/wishlist/3D3MN429EJCGA
等プロジェクトの活動全体へのご寄付は下記からお願いいたします。
https://hitonecocare.thebase.in

【状況と経緯】
賃貸アパート1人暮し。猫を2匹もらいうけ飼育しはじめたところから、室内で繁殖し増え、現在26頭になった。子猫が産まれてもすぐに死んでしまうことが多く、出産と死亡が何度も繰り返されている。畳は猫のおしっこや爪とぎでボロボロになり臭いの苦情が近隣住民から寄せられるようになってしまった。環境を改善しなければならないと思いつつも、どうすればいいか分からず保健所や市役所、動物愛護団体、動物病院に手当たり次第相談の電話をした結果、「人もねこも一緒に支援プロジェクト」を紹介された。
【支援計画】
猫の飼育環境と、生活環境を改善するため、まずは
①猫の個体把握を実施。
その結果をふまえ、
②公益財団法人どうぶつ基金の無料不妊手術チケットを申請。
③手術に先立ち猫の体力をつける←今ココです。
また、
④全頭に不妊手術を実施
⑤一斉手術で猫が一旦室内から居なくなるタイミングで殺虫と畳の入れ替えができたらと考えています。
⑥全頭の不妊手術が終わったら月1回の定期的な見守り支援に移行。また必要な社会福祉と繋がれるようサポート。
IMG_1447

IMG_0488 IMG_1444

活動

定期訪問記録

30714982_999147720261711_8759948089273352192_n

【定期訪問報告】
皆さまからご寄付いただいたケアフードを届けてきました。
ご飯の時は一部屋に63頭が集まってきます。
猫密度の高さに驚きますが、ご飯が用意されるのを大人しく待ち、食べているときも一定の秩序があることにまた驚きました。
ケアフードが必要な子たちは、ケージや棚の上といった高所で個別の小皿で食べています。
元気な子たちは床で、大皿で食べています。

ケアフードをご支援いただいた皆さまのおかげで、猫たちの体調もだいぶ改善されました。また先月の重医療費は先々月分の8分の1の金額で済んだそうです。

ご家族から「臭いの問題をもっと改善したい」という意欲が出てきましたので、暑くなる前に、大掃除と壁紙の張り替えなどを実施していくことになりました。
皆さまからの支援のお陰で、猫の体調が落ち着き、ご家族の心にも余裕が出てきていると感じました。
ケアフードをご支援いただいた皆さま、Facebook等で応援してくださっている皆さま、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

ケアフード・大掃除用品を支援する↓
https://www.amazon.jp/gp/registry/wishlist/3D3MN429EJCGA

人もねこも一緒に支援プロジェクトへ寄付をする↓
https://hitonecocare.thebase.in

活動

訪問記録

前回支援に入ったご家庭から新しい飼い主さんにもらわれていった子猫たちのその後の写真を届けに行ってきました。
多頭飼育崩壊への支援は、全頭に不妊手術を施して終わりではありません。その後の生活の継続支援が重要だと考えています。
<フードの寄付で活動支援!>
http://amzn.asia/h8e9dUw

IMG_1304

活動

子猫4匹正式譲渡へ

☆正式譲渡決定☆
2週間前にトライアル期間(新しいお家に馴染めるか確認するためのホームステイ期間)に入った4匹の子猫たちの家庭訪問に行って来ました。

4匹とも新しい家族にすっかり馴染んでいましたので、正式譲渡の手続きを行いました(^^)v

素敵な3軒のご家族に巡りあえたことに感謝です!!
多頭飼育家庭の子猫たちの行く末を心配してくださった皆様もありがとうございました。

 

活動

子猫たちのトライアル

今日は新しい飼い主さんを募集していた子猫4匹の面会&トライアルに行ってきました。
なんと、4匹とも素敵なご家族が名乗り出てくれましたんです!!

21430281_878529225656895_5251970148066450321_n
京都→大阪→兵庫
と子猫さんたちを連れて、飼い主希望者さんの家庭訪問の旅。

21371143_878529195656898_1926709474744319208_n
今日は、当プロジェクトに参加して、動物に関する活動を勉強したいと連絡をくれた高校生も同行してくれました。

21557599_878529378990213_798573768396172972_n

一番旅の時間が長い子猫さんには途中休憩でちゅ~るのサービス。

高校生があげてくれました。

21369471_878529262323558_1964904529770465810_n

飼い主希望者さんのお家で探検を始める子猫さん。

21430233_878529295656888_6875486067803958552_n

飼い主希望者さんのお膝の上でちょっと緊張気味?

21462770_878529492323535_6549864976280133858_n

こちらもお家探検中。

21463406_878529628990188_739255111509341665_n

探検に疲れソファーで休憩。初めて乗ったソファーがとっても似合うね。

ありがたいことに、飼い主希望者さんご家族は家庭環境も人間性もバッチリでしたので、4匹ともトライアル期間に入ることになりました。

 

翌日と翌々日に飼い主希望者さんから近況の写真が届きました!

21687840_879913858851765_6019471829152533321_n

すっかり凛々しい顔つきに!

21430210_878529675656850_1495826703888512879_n

ふかふかのベットが気持ちいね。二匹の可愛いニャンモナイト姿。

21740381_879913898851761_4833586154052104706_n

すっかり甘えん坊になって、お父さんが手を握っていないと寝ないそうです。

 

2週間のトライアル期間を無事終えたら、正式譲渡になります。

このまま、うまくいきますように。

活動

多頭飼育家庭のその後、新しい飼い主探し支援

8月28日に一斉避妊去勢手術が終了した猫さんたちとご家族の様子を見に、30日に家庭訪問しました。

まだ、少し体調が回復しきっていない子もいましたが、すっかり落ち着いている子もいました。

DSC_2436DSC_2490

生後半年くらいの子猫たちは、大人の猫に比べて回復が早いです。

DSC_2468

餌に集まる猫たち。ごはんが行き届いているのか心配になってきました。

DSC_2493

手術からの回復具合が心配なので、再度フードの支援を募集させていただくことにしました。

何度も申し訳ないのですが、手術を頑張った猫たちの体力回復のために、フードのご支援をよろしくお願いします。

Amazon欲しいものリストを作成しました。直送希望の方は送り先をお伝えしますので、メッセージをお願いします。

お問い合わせ

手術の際に、新しい飼い主探しを視野に入れて血液検査をしてもらった子猫たち。

飼い主希望者を募ったところ、続々とお問い合わせが!

ペコちゃん、ニコちゃん、マロくんは、9日(土)に飼い主希望者さんのお家で面会をします。

飼い主希望者のご自宅に伺わせていただき、じっくりお話をし、お家をみさせていただいたうえで、大丈夫そうであれば、トライアル期間にはいります。

トライアル期間とは、正式譲渡前に、1週間~1ヵ月程度、猫がホームステイをする期間のことを言います。

その間に、飼い主希望者さんの家族に深刻な猫アレルギーが出ないか、きちんと愛情をもってお世話をしてくださる方か、猫との相性は大丈夫かといったことを見る期間です。

この期間は、猫の所有権は人ねこケアPJにあります。

トライアル期間を無事終え、飼い主希望者と人ねこケアPJ側、双方の合意ができた場合は、正式譲渡に移ります!

いいご縁に恵まれますように!!

手術直前に生まれた子猫さん。

離乳まで元気にそだってくれたら新しい飼い主探しさんを募集します。

DSC_2485

がんばれ~!!

 

物資支援はこちらからお願いいたします。

Amazon欲しいものリスト

 

ご寄付はこちらからお願いいたします。

寄付ページ

 

 

活動

一斉避妊去勢手術が終わりました

人もねこも一緒に支援プロジェクトで支援している猫76頭の多頭飼育家庭の猫さんたちの一斉手術を28日に実施しました。

朝7時に支援家庭にスタッフが到着。
猫さんを預かります。

猫さんを預かる時に、飼い主さん家族の不安が高くなりすぎないようカウンセラーさんが丁寧に対応してくださいました。

Amazon欲しいものリストからご支援いただいた洗濯ネットに猫さんを入れ、名前の付いたタグをつけていきます。

避妊去勢手術は、公益財団法人どうぶつ基金の「さくらねこ無料不妊手術事業・多頭飼育崩壊支援」を申請し、避妊去勢手術費を負担していただきました。

手術は、どうぶつ基金の協力病院「京都ぜろの会」さんで実施していただきました。

9時ごろから手術をしていただき、18時半頃には全頭の手術が終わり、20時ごろ支援家庭に猫さんたちを戻しました。

まだ若く、特に人懐っこい子猫は、里親募集も視野にいれ、エイズ白血病の検査をしてもらいました。

21082931_1229475553823117_4041943008952950358_o

検査をした5匹中、4匹がエイズ陽性でした・・・。

猫エイズは避妊去勢手術さえしていれば、それほど感染力の高くない病気ですが、避妊去勢手術をしていない状態で長く集団生活をしていたため、ほとんどの猫が猫エイズに感染している状態だったことが分かりました。

エイズは、避妊去勢手術をして室内で大切に飼育すれば長生き可能なので、事情と状態を公開したうえで理解のある里親さんを募集していきたいと思います。

21082921_1229481327155873_9182882428975489191_o

京都ぜろの会の獣医さんやスタッフの方が丁寧に手術をしてくださったことと、手術1ヵ月前から、多くの皆様にフードを支援していただいたおげで体力も少しはつき、手術での死亡は1頭もなく無事終えることができました。

ご支援してくださった皆様、気にかけてくださった皆様、ありがとうございました。

この場を借りてお礼申し上げます。

猫さんたちの体調と飼い主さんたちの様子をみに、本日も人ねこケアPJのスタッフが訪問します。

 

活動

一斉避妊去勢手術までの準備

人ねこケアプロジェクトで支援している猫76頭の多頭飼育家庭の猫たちの一斉避妊去勢手術のために、飼い主さんへのスケジュールと、手術管理表と個体管理タグを作成しました。


タグに猫さんの名前や性別など書き込み終わったときには腱鞘炎になるんじゃないかと思いました(大丈夫でした)。
タグは青い方をケージに付けて、黄色方は手術を受ける猫さんと伴に移動し、手術や処置がすべて完了したら、タグの通しNo.を見て、また同じケージに戻すようにします。
76頭もいて、ほとんどグレーの毛色だと、飼い主さん以外は見た目で判断することができないので、、、。


また、体調に心配な部分がある猫さんは、タグに内容を書いておき手術前に獣医さんに診察してもらいます。

支援いただいた物資は、順次支援家庭にとどけ、手術日までに猫さんたちの体力をつけるよう沢山ご飯をあげてもらっています。

 

本日は家庭訪問して、手術12時間前の絶飲食についてなど再度丁寧に説明してきます。