活動

認知症の飼い主さんが入所されたケースの保護譲渡サポート

ある地域包括支援センターの職員さんから下記のメール相談がありました。

「包括で支援している方の飼い猫についての相談です。
その方は独居で借家に住んでいます。認知症の症状が進み、一人で暮らしていく事が困難となり、今月中旬に特別養護老人ホームに入所することになりました。飼い猫が1匹います。施設へはペットを連れていく事ができません。他に引き取って頂ける方が見つからず困っています。
区の保健福祉センターへも相談しましたが、区の引取りは基本的には殺処分であると聞きました。それだけは避けたいと思い相談させていただきました。他に何か方法はあるでしょうか?最善は尽くしたいです。」

このメールに対し、下記の返信をしました。

・・・

〇〇様


お問い合わせいただきありがとうございます。対象の猫さんの

①写真(なるべく可愛いもの)

②性別

③不妊手術の有無

④年齢(分かる範囲で)

⑤性格(人なつっこい、触れない、など)

⑥持病、かかりつけの動物病院(あれば分かる範囲で)

⑦名前

をA4用紙1枚にまとめて猫さんのプロフィールを作成していただくことは可能ですか?

ボランティア団体さんに相談する際に情報がまとまっているだけで対応してもらえる率がかなり上がります。

猫さんのプロフィールを元に、片っ端から保護猫の譲渡活動をしているボランティア団体さんに相談してみてください。

また、猫さんのプロフィール、できたら私にも送って下さい。

・・・・

と送りました。

福祉の職員さんから、飼い猫さんの引取り相談を受ける場合、ほとんどのケースで飼い主さんの状況や情報はメールに沢山入っているものの、肝心の猫さんの情報が全くありません。

飼えなくなった猫さんの引取りをする可能性があるボランティア団体側からすると、ほしい情報は飼い主さんよりも、猫さん自身の情報です。

初回の相談時に猫さんの情報がきちんとまとまったプロフィールがあれば、自分のところで対応可能なのタイプの猫さんなのかどうかすぐに検討することができます。

今回はすぐに担当の方が下記のプロフィールを作成し送ってくださいました。

性格の部分は情報が乏しかったので、追加でヒアリングをしたところ、担当のワーカーさんが家庭訪問をしてもウロウロと出歩けるくらい人馴れしているということが分かりました。

ちょうど「年齢は問わないので、人馴れしているメス猫が居たら里親になりたい。」と言ってくださっていた里親希望者さんの条件と一致したので、事情とプロフィールを送って打診したところ、先住猫が居るため、猫白血病が陰性であれば引取りOKとの返信をくださいました。

そこで、飼い主さんが入所した後日に担当のワーカーさん立ち合いのもと猫さんを保護しました。

飼い主さんが居ないことや異様な空気を察知したのか、室内を逃げ回ってしまいましたが、無事保護することができまいた。

そのまま動物病院へ連れていき、・本当に避妊手術が終わっているのか、・エイズ白血病のウイルス検査、・検便、・駆虫、・爪切り、・3種混合ワクチン、を実施してもらいました。

医療費の実費(9,680円)のみ飼い主さんにご負担いただくことになりました。

診察の翌日、里親さんの元へ届けました。

初日からご飯をよく食べ、撫でるとゴロゴロしてくれたそうです。

今回のように、タイミングよくバトンがつながるケースはごく稀です。

通常引取り依頼には、ほぼ対応することができません。

それでも少しでも可能性を上げるためには、「相談の際には猫プロフィールを作る」ということが広がるといいなと思い詳しく掲載しました。

即席ですが、猫プロフィールのテンプレートをPDFWord版のダウンロードをできるようにしました。

活動

多頭飼育ケースH【経過報告】

昨年度から関わっている多頭飼育ケースHの飼い主さんの入所に伴い、里親譲渡ができそうな猫さんに関しては保護、譲渡を実施していくこととしました。

残っている猫さんたちは、飼い主さんのご家族が通ってお世話をしています。

まずは、体調の悪い2匹を保護しました。

医療ケアが終わり、体調が回復次第里親さんの募集をはじめていきます。

活動

多頭飼育ケースF【経過報告】

2020年の5月から関わっている、飼い主さんが末期がんの多頭飼育ケースFの経過報告です。

一時預かりボランティアさんのお家で里親さん募集中だったピーコが里親さんの元で正式譲渡になりました。

また、小池宅にて人馴れトレーニング中だったトモとミツバも遊んだり、触ったりできるようになってきたので里親募集を始めることにいたしました。

活動

多頭飼育ケースH【NEW】

約30匹の多頭飼育崩壊ケースの相談が入りました。

約7年前に、猫2匹を知人から引き取り、外中自由飼育をしていましたが飼い主さんに認知症の症状がでてきてしまい、近所のノラ猫と交配を繰り返し30匹ほどに増えてしまっていました。

近所の方から保健所に何度も通報が入り、「猫を室内に閉じ込めるように」との指導があったそうです。

しかし、室内に閉じ込めるだけでは問題は深刻化してしまうだけです。

別世帯で暮らされている飼い主さんのご家族から人もねこも一緒に支援プロジェクトに相談がはいり、全頭の手術と近所の方への説明を実施することになりました。

ご家族との相談の結果、生活保護受給世帯ではないため、手術費用実費は飼い主さんのご家族が負担し、ケージの用意や動物病院送迎を人もねこも一緒に支援プロジェクトで担うことにいたしました。

6月23日に初回家庭訪問を実施。フード支援と妊娠後期のメス猫1匹の避妊手術を実施。

6月25日にフード追加支援

7月15日にフード追加支援

7月18日に一斉手術。25匹の手術が完了しました。

8月1日に猫対策の実施報告書を持参し、飼い主さんのご家族と一緒に近隣住民の方に説明を実施。

8月9日に捕獲漏れの成猫1匹と、近所の方が飼育されている未手術の外猫さん3匹の不妊手術を実施しました。近所の方が飼育されている外猫さんの手術費用はそれぞれの飼い主さんが負担してくださいまた。

一覧

地域がら、外中自由飼育のお家が多く、ノラ猫も沢山いるエリアでした。

引き続き、未手術の猫が発見され次第、不妊手術のサポートを実施し、継続的に見守り支援を実施していきます。

 

活動

多頭飼育ケースG【NEW】

約40匹の多頭飼育ケースの相談が入りました。

飼い主さんご自身で、毎月1,2匹ずつ動物病院に不妊手術を実施され、15匹ほどは去勢手術をされていましたが、出産のペースがうわまわり、40匹ほどに増えてしまってました。

生活保護受給世帯ではないため、飼い主さんご家族と相談の結果、動物病院の送迎とケージの貸し出しを人もねこも一緒に支援プロジェクトで担い、手術費用実費は飼い主さんご家族で負担していただくことになりました。

第1回の一斉手術を6月19日に行い、24匹の手術が完了しました。

今回も、大阪ねこの会さんの有料手術会にて手術を実施していただきました。

一覧

捕獲漏れの成猫さんが3~5匹ほどと、まだ手術ができない子猫が数匹いるため、全頭の手術が完了するまで継続してサポートしていきます。

 

 

活動

多頭飼育支援ケースF【NEW】

20匹の多頭飼育ケースの相談が入りました。

飼い主さんはご病気で余命半年、室内には猫が20匹いる状態でした。

通常、人もねこも一緒に支援プロジェクトでは、猫の保護引取りは実施しておりません。

しかし、今回の件は飼い主さんの余命が限られていることから、全頭の保護、里親探しを実施する運びとなりました。

人もねこも一緒に支援プロジェクトでは、シェルターを有していないため、多くのボランティアさんの協力のもと、順次保護を実施しています。

5月14日:初回の家庭訪問を実施

5月15日:子猫5匹を川西TNR地域猫の会さんが保護

5月16、17日:大阪ねこの会一斉有料手術にて、10匹の成猫の不妊手術、ワクチン、血液検査、ノミダニ駆除を実施。

5月18日:預かりボランティアさん宅へ保護猫を委託。西宮もふもふI様2匹、K様1匹、ネコリパブリック様3匹、アニマルサードアイズ様2匹、ボランティアH様1匹、人もねこも一緒に支援プロジェクト代表小池1匹。

5月27日:三毛猫1匹保護→小池保護。これで、保護16匹、自宅の中にはオス4匹のみとなりました。

IMG_9713

 

体調があまりすぐれない子が多いため、医療ケアをしつつ、順次里親探しを実施していきます。

1匹里親に出れば、新たに1匹保護します。

活動

見守り支援報告

人もねこも一緒に支援プロジェクトがメインでかかわっている5ケースの家庭訪問を実施しました。

近況の聞き取りと支援フードをお渡ししました。

フードのご寄付をくださった皆様、ありがとうございました。

・・・

ケースA

IMG_8093

介入から3年目、現在の猫の頭数は43匹(元々77匹)。

・・・

ケースC

IMG_8095

現在の猫の頭数は18匹。

・・・

ケースD

IMG_8092

現在の頭数は8匹。

・・・

ケースE

IMG_8087

外中自由の半ノラ猫さんたちなので正確な頭数は不明ですが、手術実施猫は10匹。

・・・

ケースG

IMG_8091

現在の頭数は13匹

・・・

 

活動

多頭飼育支援ケースG(NEW)

【NEWケース G 】

スクールソーシャルワーカーさんとコミュニティソーシャルワーカーさんが関わられている猫13匹の多頭飼育家庭の避妊手術をサポートしました。

89651461_1557146697795141_2821460099455778816_n

子猫を保護したところから、室内で繁殖を繰り返し、増えてしまったそうです。これまでに7匹のオスはご家族で去勢手術をされていました。しかし、ご家族の体調不良もあり、メス猫の避妊手術はできないままでした。最近は猫が発情期にはいり、夜鳴きで眠れない日が続き、飼い主さん家族にとっても猫にとってもストレスが溜まってしまう状態であると相談を受けました。

そこで、6匹のメスの避妊手術を「大阪ねこの会主催、一斉有料手術会場」にて実施していただきました。
人もねこも一緒に支援プロジェクトでは、ケージを貸し出し、病院の送迎をお手伝いしました。

手術費は、CSWさんと飼い主さんとねこプロで相談し、人もねこも一緒に支援プロジェクトで6匹分の避妊手術費(21,000円)を立て替え、ひと月に3,500円(一匹分の手術費)を6ヶ月に分けて無理のない範囲で支出していただく計画になりました。

また、大阪ねこの会さんから一斉手術会場でいただいたキャットフードを飼い主さんにお渡ししました。

88968317_1557146707795140_2261394916653400064_n