お知らせ

活動

D市定期訪問報告

【見守り支援報告】
D市多頭飼育ケースの家庭訪問にいってしました。
飼い主さんご家族に関わられている担当ワーカーさんが変わられたのでご挨拶も兼ねて、一緒に訪問しました。

前回の訪問から2ヶ月、これまでは必ず猫トイレにはうんちがある状態でしたが、今回は猫トイレが綺麗でした!トイレの縁も汚れていなかったので、ねこプロの家庭訪問に合わせてとりあえず、うちんだけ取った、というわけではなさそうです。毎度、猫トイレの掃除頻度の改善をお願いしてきた甲斐がありました^ ^
床も以前は歩くたびにペタペタした感じがありましたが、今日はそれもなく、お家の臭いもだいぶ改善されていました。嬉しいです!

 

病気の1匹を除いて、猫たちは去勢手術が終わり少し太り気味ですが元気そうでした^ ^

【病気の子について】
猫たちは1匹年長の子が病気になってしまい、獣医さんから「抗癌剤治療の入院、安楽死、家での看取り」の3つの選択肢を提示されたそうです。その際、ねこプロにも相談してくれました。最終的にご家族で話し合いお家で看取る選択をされました。ご家族の選択を応援したいと思います。

【支援フードの御礼】
皆さまからご寄付いただいた支援フードをお渡ししました。ありがとうございます!

人もねこも一緒に支援プロジェクトの目的活動を支援する。↓
https://hitonecocare.thebase.in/

多頭飼育崩壊から立て直しを頑張っている家族にフードを支援する。↓
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3D3MN429EJCGA

イベント

京都医健専門学校でゲストスピーカー

京都医健専門学校のY先生の授業に呼んでいただいて、ひとコマは「人もねこも一緒に支援プロジェクト」の具体的な活動やベース理論の話しをさせていただきました。

2コマ目は猫プロ代表が事例を提供し、Y先生のファシリテーションで事例検討のワークをしました。進め方上手です。

とても充実した時間を過ごすことができました。

社会福祉士の卵の皆さんに沢山猫の種を植えてこれました!感謝!
ペットも家族として捉えて、支援をデザインしてくれる援助職者が増えますよーに!

 

未分類

大阪ねこの会定期集会

日曜日は、大阪ねこの会定期集会におじゃまさせていただきました。
1500人以上の会員数を誇る大阪ねこ会。
定期集会に120人以上集まります。凄いです。
定期集会を講堂でやるボランティア団体ってなかなか無いと思います。

img_9893

荒井代表の面白い小話のような挨拶から始まり、大阪ねこ会に所属している(?)沢山の活動グループ紹介がありました。
所属といっても傘下という意味ではありません。大阪ねこの会は関西圏で活動する個人ボランティアさんや中小グループが入っている連盟?協会?ネットワーク組織?のような存在だと思います。
グループ紹介の前には荒井さんから
「グループの代表者に喋ってもらうので、あ、こんな人がやってるなら参加してみよ!とか、あ、こんな人がやってるならやめとこ(笑)、って感じで聞いてください」
と会場を笑いに巻き込む前振りが。
この、ゆる〜い感じなんだけども、おさえるべき所がしっかりおさえられてる組織運営が凄いなーと感じました。

次第の最後の注意書きもまた素敵です。
定期集会の参加者特典として、フードサンプルとノラ猫の不妊手術1匹無料券がもらえました。
なんだそれ。
すごい団体さんです。
集会の参加費が無料なだけでも太っ腹なのに、お土産までしっかりつています。大阪人の心を鷲掴む工夫がちりばめられていました。
そこで、恐縮ながら、「多頭飼育崩壊ケースへの理解と介入」というタイトルで30分ほどお話させていただきました。

img_9901

多頭飼育崩壊ケースへの介入は、ねこ専門のお手伝い屋さんの方ではなく、NPOの人もねこも一緒に支援プロジェクトで取り組んできている分野です。
猫の殺処分という問題に対して、TNRという予防的な取り組みが広がっているように、多頭飼育崩壊という問題に対しても予防的な取り組みを作っていく必要があります。
ボランティアさんが抱え込み、つぶれてしまうことがないようになるといいなと切に思います。
人もねこも一緒に支援プロジェクトの視点がボランティアさんたちの役に立てば幸いです。

活動

母子家庭の猫さん支援【活動報告】

【活動報告】

E市で産まれたばかりの赤ちゃんの子育てを頑張るシングルマザーのお母さんからのSOSを受け、飼い猫さんの去勢手術を支援しました。

生後1ヶ月の赤ちゃんの初めての子育ての中、飼い猫が発情期に入りだしお母さんも猫さんもストレスが限界まで溜まってしまってしまっている状況でした。

状況を伺った上で、去勢手術を早急にすることがまずは必要と判断しました。一時的に生活保護を受給されている状況でしたので、担当ケースワーカーさんに連絡の上、人もねこも一緒に支援プロジェクトで去勢手術費を負担し、大阪市の一犬猫病院さんにご協力いただき手術を実施しました。

今後については、術後の猫さんの様子をみたうえで飼い主さんと相談していきたいと思います。

術後の猫さんにフードのご支援をお願いしますm(_ _)m

猫さんたちにフードの支援をお願いします!↓

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3D3MN429EJCGA

人もねこも一緒に支援プロジェクトの活動にご寄付をお願いします!↓

https://hitonecocare.thebase.in/

イベント

ネコ市ネコ座@神戸 参加のお知らせ

2月23~24日に開催される

ネコ市ネコ座 with PRINA

のステージイベントに人もねこも一緒に支援プロジェクトも参加します。

2月24日(日)14:45~15:20

ステージで、「多頭飼育崩壊現場レポート」をします。

多くの方に、多頭飼育崩壊とその支援の在り方について知っていただけれと思います。

入場はチケットが必要です。

チケット購入はこちら

 

活動

【A市多頭飼育ケース 訪問報告】

一昨年から関わっているA市多頭飼育の支援家庭へ訪問してきました。
辛いことに口内炎が酷くなり固形物が食べられなくなってきている猫さんが3匹ほど居ました。
動物病院を受診していますが、エイズキャリアのため積極的な治療より、ストレスをかけずゆっくり見守ることを勧められています。
今回だけ、口内炎の猫さん用にちゅーるを2箱分だけ募集させてください。
ご協力いただければ幸いです。
2017年6月頃から関わりをはじめ、同年8月に一斉手術を終え、現在は定期的な見守り支援をしています。
当初77頭でしたが、現在は里子4匹、死亡17匹で、現在の飼育頭数57匹です。

 


人もねこも一緒に支援プロジェクトの活動を支援する。↓
https://hitonecocare.thebase.in/
多頭飼育崩壊から立て直しを頑張っている家族にフードを支援する。↓
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3D3MN429EJCGA

活動

D市多頭飼育ケース

D市の子育て支援課のワーカーさんより相談を受け、人もねこも一緒に支援プロジェクトも関わらせていただくことになりました。

人もねこも一緒に支援プロジェクトで関わっている多頭飼育ケースとしては4ケース目です。

【おうちの状況と猫飼育の経緯】

母子世帯で生活しています。約3年半前に、お子さんがカラスに襲われていた2匹の子猫を助けました。お母さんは、一度は「家では飼えないよ」と言いましたが、子どもたちも想いをくみ取り、家族に迎えることにしました。オスメスだったため、不妊去勢手術を実施しようと最寄りの動物病院に行きましたが、動物病院ではホルモン注射による繁殖制限を勧められ実施していました。

それから1年半後、今度は段ボールに入れて捨てられていた子猫6匹を子どもが拾ってきました。2匹は亡くなり、1匹は友人家族が引き取ってくれましたが3匹がお家に残りました。計5匹に増えたこと、お母さんのお仕事などが忙しかったことが重なり、メス猫の発情期にきづいたときにはすでに遅く、妊娠出産を繰り返していきました。

一時期は11匹に増えてしまいましたが、子猫のうちに里親さがしを行い、現在は7匹の猫がお家にいます。猫の増加とお母さんの体調不良が重なり、室内がゴミ屋敷のようになってしまった時期もありました。現在は、支援の手が入り、生活保護を受給しながら、室内環境と改善と自立に向けて頑張っています。

飼育している8匹のうち、不妊去勢手術を受けていない猫が7匹います。猫は交尾から2ヵ月s少しで1~7出産するため、早急に不妊去勢手術を実施し、これ以上の繁殖を止める必要があります。しかし、生活保護受給世帯のため、7匹の費用捻出が難しい状況にありました。

【全頭に不妊手術を実施】

そこで、子育て支援課を通して、公益財団法人どうぶつ基金の多頭飼育救済を申請し、7匹分の無料不妊手術チケットを発行していただきました。

IMG_5749一斉手術前日に、手術にあたっての注意事項や当日スケジュールの確認をしました。

動物病院への送迎は、人もねこも一緒に支援プロジェクトが実施しました。
cache_messagep22916

手術は、八尾市にあるハッピータビークリニックさんで実施していただきました。

img_5759

何度も発情をホルモン注射で止められていたメス猫のちぇりーちゃんは、子宮蓄膿症になっていたそうです。見せていただいた摘出された子宮は6ヵ月の子の15倍ほどの大きさに膨れ上がってしまっていました。先生に適切に処置していただき、一命をとりとめることができました。

【生活環境改善】

一斉手術の際、動物病院さんのご厚意で、手術済みの猫さんも預かっていただき、猫が不在になったお家の大掃除を子育て支援課のワーカーさんが主体となって、ご家族と障害者幹の方々と一緒に実施してくれました。人もねこも一緒に支援プロジェクトメンバーをお手伝いしました。

Before

After

夕方、手術を終えた猫さんをお家にお戻し、一斉手術は完了しました。皆様からご寄付いただいた支援フードをお渡ししました。

IMG_5746.jpg

全頭への不妊手術が終わり、今後は1,2か月に一度の定期訪問で見守り支援をしていきます。

【支援フード】

人もねこも一緒に支援プロジェクトにいただいた支援フードをご家族と猫さんたちにお渡ししました。ご支援いただきた皆さまに心より御礼申し上げます!

人もねこも一緒に支援プロジェクトの活動を支援する。↓

https://hitonecocare.thebase.in/

多頭飼育崩壊から立て直しを頑張っている家族にフードを支援する。↓

Amazon欲しいものリスト

活動

大掃除を実施しました。

【ご報告】
10月21日に実施いたしました、交流会&チャリティーライブで皆様よりお預かりいたしましたご寄付を、A市多頭飼育のご家庭の清掃その他に使用させていただきました(お風呂場、こんなにきれいになりました)。当日は、福祉事務所のケースワーカーさん、子ども若者支援室の支援コーディネーターさんも来てくださり、作業はとてもはかどりました。飼い主さんも参加していただいたねこプロメンバーのおふたりも、おつかれさまでした!
Joanさん、21日は感動のライブ、本当に本当に最高でした(T_T)✨
ご協力いただきました、Cafe Feliceさん、NPO法人Salutさん、ありがとうございました! 多くの方に「人もねこも一緒に支援プロジェクト」の話を聞いていただけて、ご寄付もたくさんいただきました。
この場をお借りして、お越しくださいました皆様に再度御礼申し上げます。
46330670_1158719580971190_2201135640727257088_n

お風呂場も全貌が見えてきました。

IMG_5010 → 46488285_1158719710971177_4616431884275023872_n

イベント

人もねこも一緒に支援プロジェクト交流会&チャリティーライブ

人もねこも一緒に支援プロジェクトをもっと気軽に知っていただくために。色んなご意見を聞かせていただくために。交流会&チャリティーライブを企画しました!ぜひご参加ください(^^)/
歌手ジョアンの生ライブ、NPO法人Salutの可愛い雑貨販売もあります☆

日時:10月21日(日)
13:00~16:00
参加費:1,000円(ワンドリンク、デザートつき)
会場:Cafe Felice
京都府 京都市中京区 小川通三条下る猩々町123

43851509_1865525670161700_471062748780822528_o交流会チラシ