お知らせ

未分類

【多頭飼育ケースL】NEW

人もねこも一緒に支援プロジェクトで関わる12件目の多頭飼育ケースです。やっとひと段落したので報告します。


元々は猫さんを1匹飼育で17歳で寿命を迎えるまで飼育していた飼い主さんですが、10年前くらいから、物が捨てられなくなり徐々に室内にゴミが溜まっていくようになったそうです。

その頃に保護して飼い始めたメス猫さんを不妊手術せずに外中自由飼育で飼育していたところ子どもを産み、その子どもが子どもを産み、多頭飼育になってしまったそうです。


ゴミの増加と猫の増加で室内の環境の悪化に拍車がかかり、マンションの近隣住民から苦情が出て、管理会社から待機勧告を出されてしまったそうです。


今月中に退去を迫られている中で、30匹の猫と自分の行き先に行き詰まり、人もねこも一緒に支援プロジェクトに相談が入りました。


まずは、大家さんと交渉してもらい退去期限を1ヶ月延ばし、転居先を探しながらも、まずは早急に3病院に分けて全30匹の手術を実施しました。


30匹のうち、体調が悪い7匹はボランティアさんの協力を得て保護、23匹は一旦飼い主さん宅にリターンしました。


今回の手術と保護に辺り、NPO法人アニマルレスキューたんぽぽさんが5匹のオス猫の去勢手術費を負担し、5匹の体調不良猫の保護を引き受けてくださいました。
手術から1週間ほどで、引越し先がやっと決まり、先月に23匹の引越しをサポートしました。


引越しから1ヶ月目に家庭訪問を実施しました。


支援フードと寄付でいただいた掃除機をお渡ししました。


飼い主さんがお掃除を頑張って継続されていました。

猫さんたちもだいぶ環境に慣れ、少しずつふっくらしてきているようで安心しました。


人もねこも一緒に支援プロジェクトの目的活動を支援する。↓
https://hitonecocare.thebase.in/


多頭飼育崩壊から立て直しを頑張っている家族にフードや物資を支援する。↓
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3D3MN429EJCGA

未分類

【多頭飼育ケースK】NEW

人もねこも一緒に支援プロジェクトで関わる11ケース目の多頭飼育家庭の不妊手術を実施しました。

今回のケースは、動物担当の市職員さん、生活保護担当の職員さんからの相談を受けて対応しました。

猫の飼育頭数は8匹とそこまで多くはありませんが、室内の環境悪化がひどく、大掃除の支援が入っていました。

福祉の担当職員さんと1月に家庭訪問をし、3月に一斉不妊手術の流れとなりました。

生活保護受給世帯ですが、医療費の実費は飼い主さんで捻出可能ということになり、不妊手術の医療費実費は飼い主さんに負担していただきました。

動物病院までの送迎交通費や体調不良の猫さん3匹の治療費は人もねこも一緒に支援プロジェクトで負担しました。

【支援フードの御礼】

皆さまからご寄付いただいた支援フードをお渡ししました。ありがとうございます!

人もねこも一緒に支援プロジェクトの目的活動を支援する。↓

https://hitonecocare.thebase.in/

多頭飼育崩壊から立て直しを頑張っている家族にフードを支援する。↓

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3D3MN429EJCGA

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3D3MN429EJCGA

活動

【多頭飼育ケースJ】NEW

【多頭飼育ケースJ】NEW

人もねこも一緒に支援プロジェクトが関わる10ケース目の多頭飼育家庭の不妊手術と大掃除を実施しました。

猫さんの飼育は4匹のみですが、飼い主さんが体調を崩されていた時にお世話が行き届かず室内の環境が劣悪になってしまっていました。

4匹のうち、2匹のメスは避妊手術済み。2匹のオスが未去勢という状態でした。

ハッピータビークリニックの橋本先生も連携してくださり、2匹のオスの去勢手術の際に、避妊手術済みのメス2匹も一緒も病院で預かっていただきました。

猫さんが不在の1日の間に大掃除を実施しました。

手術翌日に猫さんたちをお家に戻した後には、今後のこの環境を維持しつつ、より改善していく為の会議(飼い主さん、ケアマネさん、社協さん、CSWさん、人ねこケア、橋本先生、等)を関係者で行いました。

今後は数ヶ月に1回のペースで家庭訪問を実施し、継続的に見守り支援をしていきます。

【支援フードの御礼】

皆さまからご寄付いただいた支援フードをお渡ししました。ありがとうございます!

人もねこも一緒に支援プロジェクトの目的活動を支援する。↓

https://hitonecocare.thebase.in/

多頭飼育崩壊から立て直しを頑張っている家族にフードを支援する。↓

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3D3MN429EJCGA

活動

認知症の飼い主さんが入所されたケースの保護譲渡サポート

ある地域包括支援センターの職員さんから下記のメール相談がありました。

「包括で支援している方の飼い猫についての相談です。
その方は独居で借家に住んでいます。認知症の症状が進み、一人で暮らしていく事が困難となり、今月中旬に特別養護老人ホームに入所することになりました。飼い猫が1匹います。施設へはペットを連れていく事ができません。他に引き取って頂ける方が見つからず困っています。
区の保健福祉センターへも相談しましたが、区の引取りは基本的には殺処分であると聞きました。それだけは避けたいと思い相談させていただきました。他に何か方法はあるでしょうか?最善は尽くしたいです。」

このメールに対し、下記の返信をしました。

・・・

〇〇様


お問い合わせいただきありがとうございます。対象の猫さんの

①写真(なるべく可愛いもの)

②性別

③不妊手術の有無

④年齢(分かる範囲で)

⑤性格(人なつっこい、触れない、など)

⑥持病、かかりつけの動物病院(あれば分かる範囲で)

⑦名前

をA4用紙1枚にまとめて猫さんのプロフィールを作成していただくことは可能ですか?

ボランティア団体さんに相談する際に情報がまとまっているだけで対応してもらえる率がかなり上がります。

猫さんのプロフィールを元に、片っ端から保護猫の譲渡活動をしているボランティア団体さんに相談してみてください。

また、猫さんのプロフィール、できたら私にも送って下さい。

・・・・

と送りました。

福祉の職員さんから、飼い猫さんの引取り相談を受ける場合、ほとんどのケースで飼い主さんの状況や情報はメールに沢山入っているものの、肝心の猫さんの情報が全くありません。

飼えなくなった猫さんの引取りをする可能性があるボランティア団体側からすると、ほしい情報は飼い主さんよりも、猫さん自身の情報です。

初回の相談時に猫さんの情報がきちんとまとまったプロフィールがあれば、自分のところで対応可能なのタイプの猫さんなのかどうかすぐに検討することができます。

今回はすぐに担当の方が下記のプロフィールを作成し送ってくださいました。

性格の部分は情報が乏しかったので、追加でヒアリングをしたところ、担当のワーカーさんが家庭訪問をしてもウロウロと出歩けるくらい人馴れしているということが分かりました。

ちょうど「年齢は問わないので、人馴れしているメス猫が居たら里親になりたい。」と言ってくださっていた里親希望者さんの条件と一致したので、事情とプロフィールを送って打診したところ、先住猫が居るため、猫白血病が陰性であれば引取りOKとの返信をくださいました。

そこで、飼い主さんが入所した後日に担当のワーカーさん立ち合いのもと猫さんを保護しました。

飼い主さんが居ないことや異様な空気を察知したのか、室内を逃げ回ってしまいましたが、無事保護することができまいた。

そのまま動物病院へ連れていき、・本当に避妊手術が終わっているのか、・エイズ白血病のウイルス検査、・検便、・駆虫、・爪切り、・3種混合ワクチン、を実施してもらいました。

医療費の実費(9,680円)のみ飼い主さんにご負担いただくことになりました。

診察の翌日、里親さんの元へ届けました。

初日からご飯をよく食べ、撫でるとゴロゴロしてくれたそうです。

今回のように、タイミングよくバトンがつながるケースはごく稀です。

通常引取り依頼には、ほぼ対応することができません。

それでも少しでも可能性を上げるためには、「相談の際には猫プロフィールを作る」ということが広がるといいなと思い詳しく掲載しました。

即席ですが、猫プロフィールのテンプレートをPDFWord版のダウンロードをできるようにしました。

活動

多頭飼育ケースH【経過報告】

昨年度から関わっている多頭飼育ケースHの飼い主さんの入所に伴い、里親譲渡ができそうな猫さんに関しては保護、譲渡を実施していくこととしました。

残っている猫さんたちは、飼い主さんのご家族が通ってお世話をしています。

まずは、体調の悪い2匹を保護しました。

医療ケアが終わり、体調が回復次第里親さんの募集をはじめていきます。

活動

多頭飼育ケースF【経過報告】

2020年の5月から関わっている、飼い主さんが末期がんの多頭飼育ケースFの経過報告です。

一時預かりボランティアさんのお家で里親さん募集中だったピーコが里親さんの元で正式譲渡になりました。

また、小池宅にて人馴れトレーニング中だったトモとミツバも遊んだり、触ったりできるようになってきたので里親募集を始めることにいたしました。

資料

対人援助学マガジン46号が発行されました

スタッフ小池です。

楽しみにしてくださっている方が居るのか居ないのか分かりませんが、

私が連載している対人援助学会発行の対人援助学マガジン46号が発行されました!

というお知らせです!

対人援助学マガジン

そうだ、猫に聞いてみよう46号」

対人援助学マガジンの公式ページはこちら

・・・・

【バックナンバー】

「そうだ、猫に聞いてみよう」

46号「保護が必要な多頭ケースへの対応 続編

45号 「TNR活動に伴う葛藤

44号「ゆる~いコラム集

43号「多頭飼育崩壊支援、ケース3

42号「ねこから目線。開業2周年

41号「保護が必要な多頭ケースへの対応

40号「多頭飼育ケースへの支援のあり方

39号「第6回大学猫シンポジウム

38号「ねこから目線。開業1年を振り返って

37号「有効な予防を考える〜予防の次元〜

36号 「社会的企業について

35号「多頭飼育崩壊支援、ケース2

34号「餌をやるからノラ猫が増えるのか

33号「子猫遺棄事件ルポ

32号「猫を保護してほしいという相談

31号「多頭飼育崩壊ケース支援事例報告

30号「人もねこも一緒に支援プロジェクト

29号「眼差しよる承認、システム論で考える大学猫

28号「のらねこ、対馬に行く

27号「排除のシステムと共生と共存と

23号「背後ストーリーを理解する

22号「3つの視点で捉える

21号「ノラ猫問題、問題の再焦点化

未分類

多頭飼育ケースF経過報告

2020年の5月から関わっている、飼い主さんが末期がんの多頭飼育ケースFの経過報告です。

人もねこも一緒に支援プロジェクトでは、シェルターを有していないため、多くのボランティアさんの協力のもと、順次保護を実施しています。
【経過】
5月14日:初回の家庭訪問を実施
5月15日:子猫5匹を川西TNR地域猫の会さんが保護
5月16、17日:大阪ねこの会一斉有料手術にて、10匹の成猫の不妊手術、ワクチン、血液検査、ノミダニ駆除を実施。
5月18日:預かりボランティアさん宅へ保護猫を委託。西宮もふもふI様2匹(きい、ミーツー)、K様1匹(りぼん)、ネコリパブリック様3匹(ミギ、マンダラ、ひげ)、アニマルサードアイズ様1匹(ブイ)、ボランティアH様1匹(チャシロ)、人もねこも一緒に支援プロジェクト代表小池1匹(コダマ)。
5月27日:三毛猫1匹(ミイ)保護。→不妊手術等医療ケア実施
6月7日:ペットの会議室様に2匹(コダマ、ミイ)を保護委託。
8月24日:飼い主さん宅周辺に住み、飼い主さんが餌をあげているノラ猫1匹(リカ)保護。去勢手術等医療ケア後、ねこプロ代表の小池が保護(11月18日に里親へ譲渡)。
2021年3月4日:飼い主さん入院
4月1日:飼い主さん永眠
3月6日:飼い主さんと一緒に暮らしていた4匹のオスを保護(トモ、ミツバ、ピーコ、トラ)。去勢手術等医療ケア後、ねこプロ代表の小池が保護。4匹は体調がすぐれず、入院期間が長期化。
8月5日:トラ、里親へ正式譲渡

現在(8月29日)
里親募集中は現在5匹。
ピーコは一時預かりボランティアさん宅にて里親募集中、トモ・ミツバは小池宅にて人馴れトレーニング兼医療ケア中。
ミイ・コダマはペット協議会様(神戸市)にて里親募集中。

未分類

決算資料UPしました。

人もねこも一緒に支援プロジェクトの決算資料をUPしました。

決算資料はこちら

※1:前年まで「獣医療費」という項目が無いのは、NPO法人全体の決算資料と統合される場合、人ねこケアの獣医療費が「雑費」に計上されてしまうからです。今年度の分は、別記載にしています。

※2:毎年、年度末に赤字分を代表の小池が寄付という形で補填し、プラスマイナス0にしています。資料下部に補填分の金額と実際の一般寄付の金額の内訳を掲載しています。

NPO法人安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク全体の資料はこちら